人のアドバイスを聞いて実践していこう!

信用取引とはどういうものなのか


信用取引とは、『株取引において、株式や株式購入の資金を証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のこと』
つまりは、自分を『信用』してもらうことを前提として、自分が投資に使える限度額以上の資金や株式を証券会社から借り入れて株式投資を行うことです。
『信用』を得るには、自分の所有資産を担保にすることが必要となります。
この信用取引は、直接株式投資のようにその投資した株式銘柄の株価が上昇したら利益が発生する、とういうだけではなく、その投資した当人と証券会社との取引となるため、株式を借入れた場合は、借り入れたらすぐに売却し、株価が下がったら買い戻すという手法で利益を出すこともできるのです。
これを「空売り」といいます。
このように信用取引とは、株価が上がったら利益が出るという単純なものではなく、株価が下がったとしても、利益を出す可能性を有している投資方法なのです。

信用取引のメリットとデメリット


さきに紹介したように信用取引とは、さまざまな投資方法が可能な投資ですが、当然メリットとデメリットが存在します。
まずメリットは、自分の投資限度額を超えて投資をできるため、利益の幅が上がるということ、そして、株価下落時にも、利益が出せるということが挙げられます。
デメリットは、自分の投資限度額を超えて投資できるため、損失額の幅が上がってしまうこと、そして「空売り」をした場合に、株式が著しく上昇した場合には、株価は天井は存在しませんので買戻す時の損失も天井がないことになります。
投資とは、どれも当然メリットの陰にデメリットが存在します。
信用取引をしてみたい!という方は、まずその道のプロである証券会社のアドバイスにじっくり耳を傾けてから、信用取引を始めるのが一番であると言えるでしょう。